ボラ納屋
1700年頃から始まったとされる富戸を代表する
「ぼら漁」は、最盛期にはぼらの大群で海面がせり上がったとされる。
「ぼら漁」の先進地、紀伊家の援助を受けたと伝えられ、この漁師小屋も『紀州侯のぼら納屋』と言われている。今も素朴な磯浜料理店として現役である。