城ヶ崎柱状摂理
伊豆半島がまだ海底火山であった時期、火山マグマが上昇時、海底地層の比較的密度の低い部分
から枝分かれする様に脇道に入り込み、海底を抜けて噴火する事なく冷えて固まった岩体(シル)
部分が、地殻の隆起と浸食でこの姿を現した。冷え固まり収縮するときの微妙なバランスにより
形状と大きさ、長さが悠久の年月を経て造形される。