かんのんポットホール
約4000年前、大室山大噴火により流れ下った溶岩の先端が城ヶ崎海岸に落ち、その後、岩に
切れ目が入り、そこに波か何かにより石が挟み込まれ、そこで揺すられ、転がり、気の遠くjなる
様な時間を経て角が取れ、球体と球体の入れ物(ポットホール)に造形されたとされる。現在も
この岩ボールは大波に時、磨き続けられている。