稲取挟み石
およそ80万年前~20万年前とされる天城火山活動により溶岩流は伊豆半島東側の広大な地盤
を形成した。東南側斜面は長い年月を経て深く浸食され、海に至る末端部分の稲取海岸付近では
波の浸食をも受けこの様な岩の自然彫刻が見られる。それにしても落ちそうで落ちない真ん中の
四角い石、微妙。