白浜海岸
石灰質砂岩、白砂の浜の右奥の崖は伊豆が海面から顔を出す遥か前の海底火山時代、火山活動
による海底土石流の上に火山灰、噴出軽石等が降り積もった地層で、この年代の貝の化石等も
含まれており、伊豆の最も古い顔を見せる。河津以南の広い範囲でこの白浜層群の地層が崖と
して数多く見られる。伊豆の成り立ちを解りやすく示している。