l

ホームページ タイトル 本文へジャンプ
2014年9月16日(火)
北川
水温24.5〜26度
透明度12〜20m

 今日は色とりどりのサンゴが綺麗な北川へ行ってきました。1本目の透明度は20m!!伊豆のポイントでは今年初のツノダシに会えました♪イソギンチャクの中には、小さくて可愛いクマノミの子供の他に、ミツボシクロスズメもいました。他にも、マツカサウオ、カゴカキダイ、ミノカサゴ、サキシマミノウミウシ、アオサハギ、タカベの群れなどを見てきました。

2014年9月13日(土)〜15日(月)
神津島ツアー
 2日目の神津島ダイブ。ニコニコとイシガキフグが寄って来てくれました♪他にも、フエヤッコダイ、トゲチョウ、フウライチョウ、ミナミハコフグ、ツバメウオ、テングダイ群れ、サザナミヤッコ幼魚、ハタタテダイ、ハリセンボン群れ等が見れ、海も食事も神津島を満喫して来ました☆彡

2014年9月13日(土)〜15日(月)
神津島ツアー 初日
 行楽日和の中、下田から神津島へ!
 ダイビング後には眺めの良い露天風呂にも入ってきました〜♪

2014年9月8日(月)
黄金崎
水温:23.5〜25度♪
透明度:15m
 今日は平日リクエストツアーで黄金崎へ行ってきました。台風の影響もなく、海も穏やかで透明度も15mと良いコンディションでした。1本目はイサキの幼魚の大群、タツノイトコ、ヒラニザ、カミソリウオのペアー、ツムブリ、ネジリンボウがいました。

 2本目はハナタツ、イズヒメエイ、トビエイ、カンパチ、サンゴガニ、そして、11匹のムレハタタテダイが南の海からやって来ていました。これから数が増えていくので楽しみですね

2014年9月7日(日)
大瀬
水温:25〜26度
透明度:8〜15m
 今日は大瀬に変更となりました。1本目は門下へ。オオモンカエルアンコウとクマドリカエルアンコウの2種類の他にモンツキベラ幼魚、ハナタツ、オジサンなどがいました。2本目の湾内では小さな沈船の所にアカオビハナダイ、青色の瓶にはミジンベニハゼのペアー、8匹のツバメウオ、砂地にはウミテング等など、被写体たっぷりの2ダイブでした♪
 

2014年9月6日(土)
大瀬
水温:25度
透明度:15m
 今日はアドバンス講習で3本潜って来ました。日中は外海の門下でハナタツ、クマドリカエルアンコウ、湾内ではミジンベニハゼ、ツバメウオ、カミソリウオのペアー、ナイトダイビングでは、アカエイ、アカカマス、イネゴチ、メガネウオ、夜光虫などが見れました。

2014年9月2日(火)
初島
水温:22〜23度
透明度:8〜12m
平日ツアーとフォトスペシャリティーで初島に行ってきました。海は穏やかでグットコンディションでした。1本目は大きな漁礁を周りジョーフィッシュのエリアへ、数個体が穴から出たり入ったり結構シャイでした。キレイなクマノミたち、砂地にはアカエイ、浅場ではカンパチに追われたタカベの群れに囲まれたりにぎやかな海でした。
 

2014年8月30日(土)
雲見
水温:22〜23度
透明度:12m

 今日は海中にいくつもの洞窟がある雲見で潜って来ました。

 1本目の24アーチでは70cm程の大きなマダイ3匹が悠々と泳ぎ、洞窟の入口では口内保育中のネンブツダイやイサキ、キンギョハナダイの群れでとても賑やかでした。一方、洞窟の中から水面を仰ぐと差し込む光で海の青さが際立ちとても綺麗でした。

 2本目は小牛へ。コブダイやコロダイ、3匹のムラサキウミコチョウ、カゴカキダイの群れ、ベニカエルアンコウ、ホラガイ、卵を守っているマツバスズメダイなどが居ました。

2014年8月24日(日)
熱海
水温:19〜23度
透明度:6〜15m

 今日は海洋状況の良い熱海に行ってきました。ソーダイ根では火口近くでニシキベラの産卵が盛んに行われていました。他にもカゴカキダイ、タカベ、イサキの群れがあちこちで見られ賑やかでした。沈船ではアカオビハナダイ、スジハナダイ、サクラダイが群れテンジクダイの仲間は口内保育に大忙しでした。今回は船尾まで行ってきました。沈船についたウチワ、トサカ、ヤギ等のソフトコーラルはカラフルで見事でした。

2014年8月19日(火)
田子
水温:19〜22度
透明度:6〜10m

 1本目の太根はキンギョハナダイが数千匹と群れて見応え満点★さらに、90cm程の大きなヒラマサも現れました。他にも、カゴカキダイ、サクラダイ、タカベ、キホシスズメダイ、ミナミゴンベなどが居ました。
 2本目は白崎へ。大きなトゲトサカやヒメエダミドリイシの群生といったサンゴが見所のポイントですが、今日は70cmのマダイガなんと30匹もいて驚きでした!!

2014年8月15日(金)〜17(日)
御蔵&三宅島ツアー
 今回は1日目に三宅島をがっつり3ダイブしてきました。大きなマダラエイやカメ、テーブルサンゴ等など色々見てきました。2日目は御蔵島で野生のイルカ達にたっぷり癒されてきました〜。

2014年8月14日(木)
大瀬
 オープンウォーター講習で湾内を2本潜って来ました♪今回、ライセンスを取得して御蔵&三宅島ツアーに参加される方もいらっしゃいます。ダイバーになった直後にイルカに会いに行って三宅島の海も楽しめるなんて素晴らしいですね!!

2014年8月12日(火)
富戸
水温:23度
透明度:10〜15m
 今日は富戸の脇ノ浜を2本潜って来ました。コロダイ、ベラギンポ、メイチダイ、マハタ、カゴカキダイ、クマノミ、シマアジ、2本目はシロギス、ミノカサゴ、イラ、コケギンポなどが居ました。また、水面近くにはシラスの群れやクロホシイシモチの赤ちゃん達の群れが居ました。

2014年8月9日(土)
熱海
水温:21〜24度
透明度:12m
 海洋状況により、熱海で潜ってきました。
 1本目はビダガ根へ。60cmの大きなイシダイや90cmのコブダイは大きくて迫力があり、カンパチやブリの子供も回ってきました。あとは、アカオビハナダイ、ヒイラギ、サキシマミノウミウシ等がいました。

2014年7月30日(火)
大瀬
水温:21〜24度
透明度:12m
 本日はアドバンスの講習で大瀬の門下と湾内に行ってきました。どちらのポイントでも2センチほどのクマノミの子供がイソギンチャクについていました。今年初のミナミギンポ、ウミテングも現れ黒潮が入り始めたようです。他にはホウキハタ、マゴチ、ハナハゼ、カゴカキダイ、ゴマウミヘビ等が見られました♪

2014年7月27日(日)
富戸
水温:21〜24度
透明度:12m
 風の影響で本日は富戸の脇ノ浜に行ってきました。風裏になっているので穏やかな海で潜れました。ベニカエルアンコウやサカタザメ、ヒラメ、ヒラタエイ、クマノミ、ベラギンポ、コケギンポなどが見れました。♪

2014年7月26日(土)
神子元
水温:21〜24度
透明度:6〜12m
 1本目はエントリーしてすぐに2.5mのメジロがすぅーっと通り過ぎていき、その後テングダイやトビエイ、イサキの大群、イシガキダイ、イシダイなどが見れました。2本目は本命のハンマーが一瞬チラッと姿を見せてくれたり、ヒゲダイやキビナゴの群れ、タカベの大群は見れましたが、ハンマーの群れに出会うのは難しかったです。黒潮も入り始めているので、次回の8月24日(日)神子元ツアーに期待です!!←神子元の予約が取り辛くなっております。お早めのご予約お待ちしております♪

2014年7月21日(月)
初島
水温:20〜23度
透明度:10〜20m
 今日はリゾート気分で初島に行ってきました。透明度が良く気持ちよい海でした。
 ネコ穴にはネコザメが眠り、ジョーフィッシュは元気よく顔を出していました。大きなトビエイ、6枚ほどで群れているヒラタエイ、他にはキビナゴ大群、イサキ大群、タカベ大群、その大群を狙うカンパチ、ヒラマサ等が見れました。
 

2014年7月20日(日)
大瀬
水温:22〜24度
透明度:〜12m
 
 今日は総勢9名、オープンウォーター講習とファンダイビングチームで大瀬へ。
 外海の中層はキンギョハナダイの群れがまるでオレンジの花びらが中に舞っている様で綺麗でした。深場にあるムチカラマツの間を赤いボディーに桜の花びら模様のサクラダイが散歩していたり、砂地ではヒラタエイやヒラメが砂に埋もれてお昼寝中でした。他には、赤いハナタツ・アカハタ・マダイ・クマノミ・流れ藻にくっ付いているイシダイ幼魚などが居ました。
 
 湾内では、黄色のイロカエルアンコウ・アオヤガラ・アカオビハナダイ・ミジンベニハゼ・アオリイカの卵・マアジの群れ・ムラサキハナギンチャク・コウベダルマガレイ・チョウチョウオ等を見てきました。
 
 更にファンダイビングチームは千本浜でナイトダイビングを楽しみ、『海の日』大満喫の一日でした♪

2014年7月14日(月)
大瀬
水温:23度
透明度:5〜12m
 
 今日はオープンウォーター講習で湾内を2本潜って来ました。水面、水中共に水温は23度と温かでした。講習後のミニツアーでは、ミノカサゴ、マダイ、イサキ、アオヤガラ、サツマカサゴ、シマアジ、オキゴンベ、ヒメジ、キンチャクダイ、沢山のカワハギ、アオリイカの卵等色々見てきました。

帰りは『貝殻亭』でお腹いっぱいになりました。
2014年7月12日(土)
井田
水温:17.5〜21度
透明度:10〜20m
 台風一過で梅雨空が一気に夏空になりましたね。昼頃には富士山も少し姿を見せてくれました。
 海の中も透明度が一気に20mまで上がりました!見れた魚はお腹の大きなハナタツ、ペアのクマノミ、婚姻色の綺麗なアカオビハナダイの群れ、ミノカサゴ、タカベなど他にはシロウミウシ、ヒロウミウシの群れが見れました。
 あんまり暑いので今日からウェットスーツにしました(矢島)。
2014年7月7日(月)
堂ケ島
水温:21〜22度
透明度:12〜15m
 1本目のカマガ根では、エントリーしてすぐに2匹のトビエイが出迎えてくれました。2本目のフトウ根はキンギョハナダイ、イサキ、カタクチイワシ魚影がとにかく賑やかで、見応えのある光景が広がり、その群れを狙って、1m級のヒラマサやダイビング中に見られることは中々ないシイラが5匹も現れてくれました。良い潮が入ると思いもよらない魚に出会うチャンスもありますね。
2014年7月5日(土)
大瀬
水温:21〜22度
透明度:12〜15m
 今日はオープンウォーター講習で湾内を2本潜ってきました。良い潮が入ったようで透明度がグンとUP↑し、トビウオが数匹泳いでいる姿も見れました(珍)。七夕用のの葉に擬態してくっついているヨソギがいたり、中層にいるイズヒメエイを目撃された方もいらっしゃいました。他にも、蛍光ブルーが綺麗な婚姻色のイトヒキベラや、アオリイカの卵、アオリイカ、アオリイカの赤ちゃん、カゴカキダイ、アオヤガラ、ムラサキハナギンチャク等色々見ることができました。
2014年6月29日(日)
大瀬
水温:19〜20度
透明度:8m
 今日は講習で大瀬崎に行ってきました。朝は小雨でしたが潜る頃には青空のむこうに富士山が顔を覗かせていました。
 湾内には七夕の竹が入り、海藻に産み付けられたアオリイカの卵では中で赤ちゃんが泳ぐ姿が見れました。他にはマダイ、ミノカサゴ、キンチャクダイ、ソラスズメダイなどが見れました。
2014年6月21日(土)
田子2ボート
水温:18〜21度
透明度:5m
 過ごしやすい気候の中、田子の海に行ってきました。
 7、80cmはある大きな真鯛の群れに遭遇したり、カマスの大群に巻かれたりと賑やかなダイビングでした。ベラの産卵を見ることもできました。
1mを越す大きなビロードトゲトサカの林や枝サンゴのヒメエダミドリイシの群生は相変わらず見事でした。他にも婚姻色のブルーメタリックに成っているイトヒキベラ、トノサマダイ、ミノカサゴ、マダコ、ハナハゼ、クマノミ、シロウミウシ等が見られました。
 ♪
2014年6月14日(土)
須崎クリーンナップ作戦&1ダイブ
水温:18度
透明度:6〜8m

 青空と青い海が広がる中、今日はダイバーが集まり須崎の海を綺麗に掃除してきました。
 
 ファンダイビングでは、1mほどのイズヒメエイが2匹、ヒラメ、イセエビ沢山、チャガラ、ボウズコウイカ、サラサウミウシ、ちびカエルアンコウ等など色んな魚を見てきました。

 ダイビング後には、伊勢エビの味噌汁・金目鯛とイサキのお刺身・猪の味噌汁・ムロアジの干物等など、豪華な昼食を振舞って頂き、お腹いっぱいになりました♪
2014年6月12日(木)
御蔵&三宅島ツアー
 可愛らしいイルカ達の表情や声に癒され、三宅島の海でもいろんな魚たちに出会い、心身ともにリフレッシュの3日間でした☆
2014年6月11日(水)
御蔵&三宅島ツアー
 午前のイルカとのスキンダイビングでは、沢山イルカたちが会いに来てくれ、その可愛さに感動&癒されました!
午後からは三宅島でダイビング。アーチを見に行ったり、テーブルサンゴがあったり、ビーチポイントなのに、カンパチたちに周りを巻かれたりと素敵な1ダイブとなりました。
2014年6月11日(水)
御蔵&三宅島ツアー
 昨夜10時20分に東京は竹芝桟橋を出航し、本日早朝に三宅島に着きました!午前は野生のイルカたちとスキンダイビングで楽しみ、午後からは三宅島ダイビングです♪
2014年6月5日(木)
黄金崎
水温:17.5度
透明度:〜5m
 6・7月はボートポイントでトビエイの群れが出るのですが、今日はビーチにもトビエイが現れました。他にも、ボウズコウイカ・タツノイトコ・ハナタツ・ホウボウ・オオモンハタ・イシダイ等が見れました。
2014年6月3日(火)
らららダイビングスポット
水温:17〜20度
透明度:〜10m
 初らららツアーに行ってきました。コエダミドリイシの小さな群生とアオリイカ卵、アカオビハナダイ、砂地にはメイタガレイ、ニシキハゼ、クサハゼ、マダコなどが見れました。
 広いエリアで潜れますがエントリー口が一つなので全部は潜れません。来月にはもう一つのエントリー口ができますので深めのエリアにも行けるようになります。今後が楽しみなポイントです。
2014年5月31日(土)
初島
水温:18〜20度
透明度:10m
 水温もだいぶ上がり過ごしやすくなりました。ウェットスーツの方も半数ほどいて、いよいよダイビングシーズン突入という感じです。
 今日は、黄色と黒の縞々模様のテングダイ、縫いぐるみのようなネコザメ、初島名物ジョーフィッシュ(3匹)、ハオコゼ、クマノミ、メイタガレイ(2匹)、ムスメウシノシタ、ムラサキウミコチョウ等など色んな魚を見てきました。
2014年5月27日(火)
井田
水温:17〜19度
透明度:〜12m
 砂地でヒラタエイとシビレエイが仲良くお昼寝していたり、中層ではカワハギのペアーがグルグルと円を描くように泳いで求愛ダンスをしていました。マダコはちょうどすっぽり体の収まる居場所を見つけて心地よさそうにしているコと、食べ終わった貝殻
の中で満足気に休んでいるコと2体いました。瓶の中に住むミジンベニハゼや産卵したてのアオリイカ卵、マツバスズメダイなどいろんな魚を見てきました♪
2014年5月18日(日)
井田
水温:16〜18度
透明度:〜8m
 昨日見たボブサンウミウシも2匹になり、更に今日はサクラミノウミウシもいました。浅瀬のスズメダイやキンギョハナダイの1000匹を超える魚群が凄かったです。他にもクマノミ2匹、メガネウオ、ミジンベニハゼ、マダコ、ミノカサゴなどを見てきました。

2014年5月17日(土)
井田
水温:16〜18度
透明度:〜8m
 今日も夏日になりましたね。今日は井田へ行ってきました。エントリーしてすぐにシビレエイ発見。ウミウシはミツイラメリウミウシ・ボブサンウミウシ・シロウミウシ・サラサウミウシなど綺麗な模様のが色々いました。他にも、顔をなかなか見せてくれないちょっと恥ずかしがりやな白のベニカエルアンコウ、頭を岩陰に突っ込んで物思いにふけっているイズヒメエイ、涼しげなビンの家に住むミジンベニハゼ、ワニゴチ、クマノミ、ミノカサゴなどを見てきました。
2014年5月13日(火)
井田
水温:16〜18度
透明度:〜8m
 今日は、フォトスペシャリティーで井田ビーチに行ってきました。風もなく穏やかな海の中はミノカサゴをはじめソラスズメダイ、ウミウシ卵、クマノミ、トゲトゲトサカ等、にぎやかでした。ホンダワラが成長してきたのでそろそろアオリイカの産卵が本格的に始まりそうです。

2014年5月11日(日)
大瀬
水温:16〜18度
透明度:10m
 大瀬崎の向こうに富士山がくっきりと見え、気持ちの良い青空が広がる今日は、アドバンス講習で湾内と外海を潜ってきました。水温も水面近くは18度まで上昇し、外海では昨日マンボウが目撃されたようです。シラコダイもマンボウのクリーニングのため(!?)増えてきているそうなので今後もマンボウの出現に期待が膨らみますね。講習後のミニツアーでは赤いボディーに桜の花びらを散らしたような綺麗な模様のサクラダイを見てきました。そして、湾内ではしばらく不在だったミジンベニハゼが復活していました。
2014年5月8日(木)
大瀬
水温:16度
透明度:10m
 今日はドライスペシャリティー講習で湾内を2本潜りました。ワニゴチ・オキゴンベ・トゲトゲトサカの赤ちゃん・ミノカサゴ・ムラサキハナギンチャク・アオリイカの卵(今季初☆)・メイタガレイ・クロホシイシモチの群れ・メバル・ヒメジ・ミズクラゲなど色んな魚を見てきました。外海では待望のマンボウが三つのポイントで見られたようです。
2014年5月4日(日)
沖縄ケラマツアー
 今日は3ダイブ楽しみました!ネムリブカやアオウミガメ、そしてコブシメのペアーはおよそ10分間ダイバーの側にいて産卵シーンも見せてくれました。3月〜5月末までの期間限定の産卵ショーが間近で見られて良かったです。
 
 ダイビング後は港で開催されているお祭りにも行ってきました。
 
 さらに!本日1ダイブ目で300本記念を迎えられた方もいらっしゃいました!!『おめでとうございま〜す☆彡
2014年5月3日(土)
沖縄ケラマツアー
 初日の今日はのんびり移動し、昼過ぎに那覇に到着しました。
ステーキハウスでクッキングパフォーマンスを楽しみながら明日のダイビングに向けてエネルギーチャージです!!


2014年4月29日(火)
須崎ビーチ
水温:16度
透明度:8m

 今日は、白い砂地がキレイな須崎2ビーチに行ってきました。水温が上がり水中は快適です。先月初めには5ミリ程だったダンゴウオは大きい個体で2センチまで成長していました。スナビクニンも2倍ほどの大きさになり探しやすかったです。2ダイブでダンゴウオ4匹、スナビクニン8匹と賑やかでした♪他にもイシヨウジ、ウミウシ類などが見られました。


2014年4月27日(土)
大瀬
水温:16度
透明度:8m

 今日は初夏の様な陽気の中、大瀬崎3ダイブに行ってきました。水温が上がりクマノミは元気な姿を見せていました。ウミウシたちもシーズン盛りになりあちこちで見られるようになりました。ほかにもカエルアンコウ、2センチほどのヒメイカ、ヒラタエイ、大ヒラメなどが見られました。期待のマンボウはもう少し先のようです♪

2014年4月10日(木)
大瀬
水温:15度
透明度:11〜12m

 初夏の様な陽気の今日はオープンウォーター講習1回目で湾内を潜ってきました。波も穏やかで透明度も10m以上あり、水温も15℃まで上昇しました。フィンを履いていると小さなクサフグ達が寄ってきたり、プール講習と違って魚と触れ合えるのが海洋実習の醍醐味ですね♪
2014年4月5日(土)
初島
水温:16度
透明度:12〜15m

 青空の下、熱海港から船に乗って初島まで行ってきました♪水温も16度とUPし、透明度も15mと海中はグッドコンディションでした。
 初島名物のジョーフィッシュは恥ずかしがり屋で穴の中からなかなか顔を見せてくれませんが、ちょこっと見えた“クリクリの目をしたカエル顔”がユーモラスで可愛らしかったです。ウミウシも種類が多くなってきていて、今日はサガミリュウグウウミウシ、ニシキウミウシ、サラサウミウシ、シロウミウシ等がいました。
 岩陰ではイズヒメエイやネコザメがお昼寝中で、砂地ではメイタガレイが上手く隠れたつもりになってじっとしていました。他にも、アカホシカクレエビ、オルトマンワラエビ、ヒメギンポ等など色んな生物を見てきました。
2014年3月29日(土)
富戸
水温:14度
透明度:7〜10m

 水温も14度にUP↑しました。沖合には青い黒潮が見えていたので、今後の海洋状況がグンっと良くなる事が期待できますね♪
 陸上もポカポカ陽気で気持ちがよく、ソメイヨシノの柔らかいピンク色の花や一面黄色の菜の花畑が海までの道のりを楽しませてくれます。
 今日はナビゲーション講習で脇ノ浜を2本潜ってきました。波も穏やかで海中にはキラキラと太陽光が降り注ぎ、プカプカ浮かんでいるだけですぅーっと癒されて行く感じでした。
 *居た生物たち*
 80cmの大きなヒラメ、クリクリな瞳が可愛いハリセンボン、大きなマダコ、クマノミ、トウシマコケギンポ等
2014年3月22日(土)
熱海
水温:13度
透明度:〜5m

 三連休の真ん中、快晴が気持ちいい今日は熱海へ。1ダイブ目早々姿を見せてくれたのは珍しい『クロホシフエダイ』(写真左上)でした。熱海名物沈船も様々なソフトコーラルで彩られ、さらに細かく観察すると、『ベニキヌヅツミガイ』がくっついていました。他にも、ゼブラガニ、ボウズコウイカ、サクラダイ、サラサウミウシやシロウミウシ等の綺麗な色をしたウミウシの仲間たちも増えてきていました。
 最後にはおまけで…と言うにはもったいない、超レアもの『アカグツ』が水揚げされたヒラメ達に紛れて居ました!!(写真左下)いつか水中で、さらに欲を言えば歩いている所を見てみたいです♪
2014年3月16日(日)
富戸
水温:13度
透明度:5〜6m

 ずんぐりむっくりな顔が愛らしい縫いぐるみの様なネコザメですが、今日はダイバーよりも顔が大きな子が岩陰でお昼寝していました。冬の間に産み付けられたヤリイカの卵は今にもハッチアウトしそうな赤ちゃんたちが卵の中で目をキラキラさせていました。他には、ウミスズメの赤ちゃんやイズヒメエイ、トウシマコケギンポ、コブヌメリ等がいました。
2014年3月9日(日)
海洋公園
水温:12.5〜13度
透明度:10m

 青空に濃いピンクの河津桜が映える今日は、伊豆海洋公園へ行ってきました。
 昨日に続き今日もコブダイが登場。白い歯が一際目立っていました。クエ穴では門番のようにミノカサゴがホバーリングし、肝心の主は尾っぽだけ見せてお昼寝中でした。また、クマノミ城には7匹の越冬した精鋭たちが暮らしていました。他には、イシガキダイ、イシダイ、サクラダイ、キンギョハナダイ、ベニカエルアンコウ、ムカデミノウミウシなどがいました。
2014年3月8日(土)
波左間
水温:12.5〜13度
透明度:10m

 今朝は早起きして千葉県は房総半島の先、『波左間』まで行って来ました。
 今年は“マンボウ”が不在でしたが、『頼子』と呼ばれているコブダイがフレンドリーに寄って来てくれ、その面持ちとは裏腹にとっても人懐っこくて愛嬌があり、可愛かったです。ちなみに名前は女の子ですが、頼子はれっきとした男の子です。コブダイ(ベラ科)は皆んな最初はメスで産まれ、やがて大きく成長した個体がオスへと性転換するんです!!面白いですね♪
 頼子の他にも、コブダイ2匹、クロダイ沢山、ベニカエルアンコウ、イロカエルアンコウ、ヒラメ、イシガイダイ、ミノカサゴ等を見てきました。
『お知らせ』
コーラルウェイの看板が完成しました!2月中にコツコツ取り掛かり、無事に出来上がった手作り看板です♪
1号線(ニトリの交差点)から当店へ来られる方、ご覧頂ければ嬉しいです☆


2014年3月2日(日)
堂ヶ島
水温:13.5度
透明度:10m

地形も面白く、2m近いウミウチワやソフトコーラルが綺麗な堂ヶ島の海ですが、今日はオレンジ色のキンギョハナダイの大群が素晴らしかったです。中層をプカプカ浮かびながら、大群の動きを観察しているだけでも面白いです。他にはアカエイやメジナの群れ等がいました。
2014年3月1日(土)
須崎
 マクロ2大アイドルの『ダンゴウオ』と『スナビクニン』を探しに須崎へ行ってきました。両方とも子供だと1cmにも満たない極小のサイズです。皆で目を皿にしてジィ〜っくり探すと…“ちんまり”とお好みの海藻の上で鎮座していました!
 さらに、“アイドル”と聞いては出てこないわけにいかなかったのか、ミナミハコフグの幼魚(3cm)も姿を見せてくれました。他にも、『スイ』がいたり、カタクチイワシの大群もキラキラと光を反射して綺麗でしたよ〜。
2014年2月8日(土)〜12日(水)
ヤップツアー
 ヤップ島ファーストダイブでいきなりマンタが出迎えてくれて感激!!その後、マンタポイントでは毎ダイブ外すことなくマンタが登場し、友達になれた気分になりました♪中にはぐるんと回ってアクロバティックな動きを見せてくれた子もいました。
 海の状況は穏やかで、様々な色・模様の回遊魚たちものんびりと暮らしているヤップでは、地上も同じように緩やかな時間が流れ、ヤシの実のジュースを飲んだり、手作りブランコで遊んだり、島内観光したりと、日常を忘れて満喫してきました☆
2014年2月2日(日)
富戸
 水温14℃
 透明度12〜15m

 河津桜が開花を始め、可愛らしいピンクの花が小さな春を感じさせてくれた今日は、ファンダイビングとダイブマスターのMAP作成で富戸の脇浜を2本潜ってきました。ムレハタタテダイが7匹元気に泳いでいました。他にもクマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ホウボウ等が見れました。
 3月1日(土)に須崎ビーチにスナビクニンとまだ早いかも知れないですが、ダンゴウオの赤ちゃんを探しに行こう!ツアーを予定しています。ご参加お待ちしています♪
2014年1月28日(火)
大瀬
 水温13.5℃
 透明度12m

 今日はドライスペシャリティーで大瀬崎へ行きました。富士山がよく見え、気持ちの良いロケーションでした。海の中はハタタテダイ、ホウボウ、チョウチョウウオ、大きなヒラメ、ヒメイカ、ヤリイカの卵などが見れました。ヤリイカの卵は目が黒く見え始め、成長が確認できました。あと2〜3週で孵化する感じです。
2014年1月14日(火)
大瀬
 水温14℃
 透明度15m

 今日はオープンウォーターの講習で湾内を2本潜って来ました。潮が動きづらい湾内でも透明度15m!今日もグッドコンディションです。講習後のミニツアーでは、ブリ(←湾内なのに!)が登場。とってもラッキーです!!他にもムレハタタテダイ7匹、ミツボシクロスズメダイ、ムラサキハナギンチャク、1cmのちっちゃいヒメイカ等を見てきました。
2014年1月13日(月)
井田
 水温15℃
 透明度18m

 今日は何といってもタカベの大群が印象的な井田ビーチでした。ブルーボディーにイエローラインが入って綺麗なタカベの群れをヒラマサが追いかけているシーンも見れました。他にも、ヤリイカの卵・アカオビハナダイ・オトメベラ・ヒメギンポ・ダイナンウミヘビ・4cmクマノミ・ミツボシクロスズメダイ等を見てきました。
2014年1月12日(日)
海洋公園
 水温16℃
 透明度20m

 相変わらず素晴らしいコンディションの海洋公園。本日も透明度20m!!
 フリソデエビ・ミナミハコフグ・ツノダシ・ベニカエルアンコウ・イズヒメエイ・ハクセンスズメダイ・ルリハタ・50cmマダイ2匹・ミツボシクロスズメダイ20匹・クマノミ8匹・80cmヒラメ・セダカスズメダイ・ホウキハタ・アオブダイ等など、魚たちもバリエーション多く見れ、充実の2ダイブでした♪
2014年1月11日(土)
熱海
 水温15.5℃
 透明度〜20m

 1本目:全長81mの沈船は様々な色と種類の珊瑚たちで彩られ、この時期は透明度も高いのでより綺麗に見えます。珊瑚の間をエンジ色のボディーに水玉模様をしたモンツキベラの子供やツノダシが散歩していたり、イイジマフクロウニに刺されないように注意深く見るとゼブラガニが住んでいました。ウニの刺をハサミでカット&食べながら通路を作り、快適な暮らしができるようにしているシマウマ模様の小さなカニです。
 2本目:光が差し込む小曽我洞窟は海の青が幻想的にグラデーションしていてとっても綺麗でした。暗いところが好みのミナミハタンポの群れやマツカサウオ、イセエビが居たり、キイロイボウミウシやコイボウミウシといった綺麗な色のウミウシ達や冬限定の海藻『アヤニシキ』も洞窟を彩っていました。
 水温の方が温かい時期になりましたね。年末から透明度15mオーバーとグッドコンディションの続く伊豆の海。明日は井田へ行ってきます!!
2014年1月5日(日)
海洋公園
 水温15℃
 透明度20m

 今日はナイトロックス講習とダイブマスターの地図書きで海洋公園へ。透明度はなんと20m!!海洋公園も絶好調のコンディションでした♪1本目は60cmの大きなアオブダイが登場。ピンク色のぷっくりした腕に水玉模様が可愛いフリソデエビのペアーやタテジマキンチャクダいの幼魚、ツノダシ5匹、オオウミウマなどがいました。
 2本目は大きなヒラメやヨスジフエダイ、ミゾレチョウチョウウオ、イロカエルアンコウ(黄色・4cm)、クロホシフエダイが居たり、鮮やかなブルーが綺麗な“アヤニシキ”という冬の時期に生える海藻も見てきました。
2014年1月4日(土)
大瀬崎
 水温15℃
 透明度15m

 伊豆の初ダイブは大瀬でナビゲーション講習。透明度も15mと視界も良好でナビゲーションにはもってこいのコンディションでした。湾内のミジンベニハゼも一時は姿が見えなくなっていたのですが、新しいマイホーム(空き瓶)に仲良し夫婦が暮らし始めました。今回の瓶は全体がスケルトンなので中の様子もじっくり観察できて面白いですよ♪
 群れハタタテダイも7匹に増え、大きな個体なので見応えがあり、他にもアオヤガラ、キンチャクダイ、口を開けたら入ってきそうな程のシラス達、トゲカナガシラ、クロイトハゼ、ミツボシクロスズメダイ等がいました。

2014年1月1日(水)〜1月3日(金)
串本ツアー
 『皆様、明けましておめでとうございます。本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます』

 大晦日はナイトダイビングを楽しみ、エキジット後は年越しソバ&昨年の1年間と串本までの長旅を労っての“飲み会”で新年を迎えました。
 元日は見事なテーブルサンゴが広がる湾内でおみくじダイブ。ウミヅキチョウチョウウオやスダレチョウチョウウオ等、伊豆とはひと味もふた味も違う海を堪能しました。全国的に強風が吹いたお正月初日。串本も強い風で元旦は1ダイブになりましたが、餅つきや豚汁・焼き芋、そして、やはり外せない“飲み会”で新しい年のお祝いをしました。
 2日目は風もおさまってきたので、がっつり3ダイブ潜ってたっぷり海に癒され、最終日は世界遺産の熊野那智大社と那智の滝にも立ち寄り、今度は熊野の神々や大自然からパワーをもらって来ました。『ツアーにご参加頂いた皆様。お疲れ様でした!』

2013年12月31日(火)
串本ツアー
 大晦日の今日は和歌山の串本へ向けて出発!!
 途中、『橋杭岩』や本州最南端の『潮岬灯台』も観光して来ました。
 夜は早速“年越しナイトダイブ”で串本の海を楽しんできます♪

2013年12月22日(日)
海洋公園
水温:18℃
透明度20m


 本日も潜ってきました、海洋公園。透明度も20mで相変わらずのグッドコンディション。どこまでも砂紋が続く、眺めの良い景色が広がっていました。
 *居た魚たち*
 昨日見れたメンバーに加え、シコクスズメダイ・カマスベラ・ムスメベラ・ヨスジフエダイ・コロダイ幼魚が登場!ツノダシも4匹居ました。

2013年12月21日(土)
海洋公園
水温:18℃
透明度20〜
25m!!

 1本目の透明度はなんと25m!『これぞ冬の海』です。遠くまでスカーンと景色が見渡せ、砂地の砂紋もくっきりと上から見えました。天気も良く、太陽の日差しもキラキラゆらゆら降り注ぎ、すぅーっと心が癒されていくようでした♪
 水中ポストも蛍光ピンク色にパワーアップして復活していました。その隣には3m程の大きなクリスマスツリーが設置され、サンタ気分♪で楽しんできました。魚も、黄金色のヒラメ70cmや、ブルーのラインが綺麗なタテジマキンチャクダイの幼魚、
オオウミウマ15cm・オレンジのベニカエルアンコウ・ミナミハコフグ・・ツノダシ3匹・クマノミ・ホウボウ・ヒラマサ等々色んなのが見れましたよ〜。

2013年12月7日(土)・8(日)
大瀬
水温:17℃
透明度10〜12m

 2日間オープンウォーターとドライスーツスペシャリティーの講習で湾内を潜って来ました。講習する場所のすぐうしろにはクリスマスツリーも設置されていました。講習後のミニツアーでは、マトウダイやネジリンボウ、ムレハタタテダイ・ヨスジフエダイ・ハナキンチャクフグなどを見てきました。

ダイビング後は貝殻亭さんでほっこりです。
2013年12月1日(日)
田子
水温:16℃
透明度6〜12m

 今年もいよいよ残すところ一か月を切りましたね。12月は大瀬や海洋公園等で水中クリスマスツリーが設置され、14日(土)の土肥のナイトダイビングでは水中で流れる音楽を聴きながらライティングされたツリーをムード満点の中楽しむことも出来ます♪22日にはコーラルウェイのフォトコンテスト&忘年会もあり、師走の名の通り、楽しみが多くて時間が早く流れそうですね♪是非皆様のご参加お待ちしております♪
 
 田子の太根は、オレンジ色が綺麗なキンギョハナダイの群れが水中を彩り、ワラサがキビナゴの群れに突っ込み、元気いっぱいの情景でした。中層でのお祭り騒ぎをよそに、ツノダシやトゲチョウチョウウオはマイペースにお散歩していました。
 白崎では、アケボノチョウチョウウオ・トノサマダイ・ミゾレチョウチョウウオ・ミスジチョウチョウウオ・ツノハタタテダイ等の幼魚がヒメエダミドリイシサンゴの間をちょこちょこ動き回って可愛かったです。
 そして、チョウチョウウオが沢山見れた2本目が通算100ダイブ目となる方もいらっしゃいました!!『★おめでとうございます★』

2013年11月23日(土)
井田
水温:17℃
透明度10〜15m

 雪化粧姿が青空に映えて綺麗な富士を右手に見ながら、井田ビーチを2本潜って来ました。
 先日見たニシキフウライウオは浅瀬に移動し、今日は更に1個体別の場所でプカプカ浮かんでいました。クマドリカエルアンコウやテングチョウチョウウオはちょうどキーホルダーサイズで可愛らしく、他にも通常は水深40mにいるアカオビハナダイが15m程にいたり、珍しいアブラヤッコ、ヒラニザ等もいました。
 ムレハタタテダイは仲良し3匹+ハグレ1匹、手のひらサイズのヨスジフエダイもとい、ロクセンスズメダイ
は8匹仲良くまとまっていました。
 下から水面を仰ぐと井田ブルーの海が太陽の光を吸い込んで綺麗。こうした景色をぽかぁ〜んと見るのも結構癒されるんですよね。

2013年11月16日(土)
井田
水温:19℃
透明度15m

 青い空が広がり気持ちの良いお天気の中、井田ビーチを2本潜って来ました!海中も15mと透明度も良好で、可愛らしいヨスジフエダイ子供たち、ミナミハコフグ、ハタタテダイ、クマドリカエルアンコウ、ワラサ(ブリ)、テングチョウチョウウオ、クログチニザ、タカベの群れ、ニシキフウライウオ、ベニカエルアンコウ、ツノダシ等々、被写体にもってこいの魚たちがた〜くさん!!賑やかな2ダイブとなりました♪パラオや南の海では中々見ることがないヨスジフエダイの子ども達も、伊豆では見れちゃう所がこちらの海の魅力でもありますね★

2013年11月10日(日)
富戸
水温:20.3度
透明度:8〜12m

 今日は富戸は『横浜(ヨコバマ)』を2本潜ってきました。うねりは多少ありましたが、風も無く海洋のコンディションも良好でした。1本目はトゲチョウチョウウオ・クマノミの群れ、ミツボシクロスズメダイの群れ、コガネキュウセンクロイトハゼカミソリウオのペア、2本目はイセエビ、ヨスジフエダイシコクスズメダイカモハラギンポなど季節来遊漁も沢山見れました!大瀬でも連日見れているヨスジフエダイですが、富戸ではなんと!20匹の群れになっていました★遠い海からやって来て、伊豆の海に落ち着いてくれたんですね。是非皆さん、このベストシーズンに南の海から訪れた回遊魚達に会いに行きましょう!!お待ちしています♪

ダイビング後は温かい゛ヒラメ入り海鮮お噌汁”と海鮮BBQも頂きました★
2013年11月4日(月)
大瀬
水温:21度
透明度:8〜10m

 今日はオープンウォーター講習で湾内へ。初めての海洋講習でヨスジフエダイやハタタテダイ、ツノダシなどが見られてラッキーな方もいらっしゃいました!2本目を潜り終え、上がって来ると青空も広がり充実の一日となりました。

ダイビング後は『貝殻亭』でお腹いっぱいです。
2013年11月3日(日)
大瀬
水温:22度
透明度:8〜12m

 今日も昨日に引き続きアドバンス講習で大瀬湾内へ。季節来遊魚のヨスジフエダイが登場!先月のパラオツアーで見たヨスジフエダイが大瀬の湾内でも見られるなんて!やっぱり海は繋がっているんですね。全身ブラックのニシキフウライウオはフォトダイバー達の注目を集め、他にもムレハタタテダイ5匹、カゴカキダイ、アオリイカ、ミノカサゴ、トゲカナガシラ等いて、今、大瀬湾内も“アツい!”ですよ。
2013年11月2日(土)
大瀬
 11月に突入しましたね!今年もあと2ヶ月と思うとなんだか寂しくなりますが、海の方はベストシーズン序盤です♪まだまだこれからですよ〜♪
 今日は外海一本松で紅白模様のクマドリカエルアンコウやニラミギンポ、ツノダシ、イセエビ、ニシキウミウシ、湾内でニシキフウライウオ等を見てきました。アドバンス講習だったので、がっつり3本潜ってきましたよ〜!!

2013年10月29日(火)
雲見
 今日は雲見で洞窟ダイビングをしてきました。洞窟の中に棲んでいるマツカサウオや全身スケルトンなサクラテンジクダイの群れ、1mオーバーの大きなクエ、南国からやって来たフエヤッコダイアブラヤッコ(レア物)キタンヒメセミエビ(レア物)、スジコウイカ、ミゾレチョウチョウウオ、カンパチ、マダイ60cm×5匹、クマノミ、ミツボシクロスズメダイ、ツノダシ、ミナミゴンベ等など、色々見てきましたよ〜。
2013年10月21日(月)〜26日(土)
パラオツアー
 本日、パラオから帰って来ました!連日天気は良好!透明度も日毎に良くなっていき、最高40m!!様々なトロピカルフィッシュやナポレオンフィッシュ、バラクーダの大群、ニシキテグリ、アオウミガメ、ホワイトチップ、そして光の差し込む洞窟ブルーホールやシャンデリアと呼ばれる鍾乳石のある鍾乳洞シャンデリアケーブなど地形も魚も満喫のパラオツアーでした♪

2013年10月20日(日)
大瀬
水温:22℃
透明度:10m

 
今日はオープンウォーター講習でした。湾内はカタクチイワシの大群でお祭り騒ぎ!調子に乗って!?ビーチに打ち上げられるイワシたちも…。他には、ニシキフウライウオ・カンパチ・カスミアジ・ソウダガツオ・スズキ・ツノダシ・ニラミギンポ・ミツボシクロスズメダイ・スダレヤライイシモチ・カゴカキダイ等など、バラエティーに富んだダイビングでした。

2013年10月13日(日)
海洋公園『水中結婚式』
水温:22〜24℃
透明度:12m

 
綺麗な青空が広がる気持ちの良い秋晴れの下、コーラルウェイで出会い、そして結ばれたお二人の水中結婚式を行いました。新郎さん、新婦さん共にお一人で入校され、ダイビングを楽しみ、仲間を増やし、そして人生のバディーを見つけられました。初めてお店にやって来られた時の事などを色々思い返すと、とても感慨深く、ジ〜ンと胸が熱くなりますヽ(;▽;)ノ
 
『本当におめでとうございます!!末永く、お幸せに(((o(*゚▽゚*)o)))素敵な家庭を築いて下さいね★』
2013年10月12日(土)
熱海
水温:22〜24℃
透明度:15〜18m

 
今日は海洋状況により、熱海へ変更となりました。
 1本目はビタガ根へ。圧倒される程のイサキの大群に、こちらの海では珍しい
シコクスズメダイ、ツノダシのペアー、オジサンの子ども等がいました。2本目は沈船ポイントへ。沈船を彩る様々な珊瑚の他に、イシガキダイや大きなコブダイ、ネンブツダイの大群等をみてきました。
2013年10月6日(日)
大瀬
水温:24℃
透明度:6〜10m

 
今日はディープ講習とフォト講習で大瀬へ。
 1本目の外海『1本松』ではハナタツやクマドリカエルアンコウの子ども、2本目の湾内では
ウミテング・カミソリウオのペアー・ツノダシ等が登場!浅瀬に群れるソラスズメ達の青色もとっても綺麗でしたよ。

お腹に卵が入っていてぷっくらしてました。

小さい手で踏ん張ってます

2013年10月2日(木)
大瀬
水温:24℃
透明度:6〜10m

 気持ちの良い秋晴れの今日は、アドバンス講習でナイトまでたっぷり3ダイブです。。
日中は、白赤の
クマドリカエルアンコウ(1.5p)やツノダシ、ハナタツ、クマノミ、ニシキウミウシが出ました♪
ツノダシは大瀬では今季初です!
 
2013年9月29日(日)
本栖湖
 高所淡水ダイビングで本栖湖へ。
 ウグイがボートの音で沢山集まってきました。他にはブラックバスやヨシノボリ等もいました。
 
2013年9月25日(水)
田子
水温:24.5〜25℃
透明度:5〜10m

 1本目の太根は相変わらず“魚影祭り”が続いています。イサキやタカベを狙った12匹のワラサがチャンスを伺いながら泳いでいました。他には、
キツネベラ・カゴカキダイ・ツノダシ・コロダイ(60cm)等がいました。
 2本目は弁天島へ。クエの幼魚・フウライチョウチョウウオ・オジサン・ヒロウミウシ等がいました。
2013年9月22日(日)
御蔵島イルカ&三宅島ツアー
2013年9月22日(日)
御蔵島イルカ&三宅島ツアー
 今日は御蔵島に向けて出船!好奇心旺盛のハンドウイルカ達といっぱい遊んで来ました!お母さんイルカにぴったり寄り添って泳ぐ赤ちゃんイルカもいて、とても可愛らしかったですよ〜♪
2013年9月21日(土)
御蔵島イルカ&三宅島ツアー
 今日は三宅島ダイビング!アオウミガメがなんと8匹!じっと休んでいる所を目の前で見ることも出来ました。
他には、サザナミヤッコ、ウメイロモドキ、ヌノサラシなどなど色んな魚を見てきました。
 明日はいよいよイルカと一緒に泳ぎます!!

2013年9月20日(金)〜22日(日)
御蔵島イルカ&三宅島ツアー
 御蔵島イルカ&三宅島ダイビングツアーの様子です
 …20日
『今から三宅島へ出発です!!』
 デッキの上でのビールは美味しそうですね♪東京の夜景も綺麗です。



 
 …21日
 グビグビっとビールを飲んで、ガァ〜と寝て、起きたら三宅島に到着!


2013年9月15日(土)
海洋地:田子
水温:26℃
透明度:15m

 台風がこちらに向かっているなんて思えないほど、良い天気&穏やかな海洋状況でしたが、1本目の太根にエントリーしてビックリ!海中に台風がやって来たんじゃないかと思うぐらい、
魚の群れで視界不良(笑)の状態でした。
 カンパチやワラサといった大型の回遊魚達がイサキ・タカベ・キンギョハナダイ・スズメダイの大群の壁を蹴散らす躍動的なシーンも見れました。
 2本目のヒメエダミドリイシ珊瑚のお花畑には、
トノサマダイ・ミスジチョウチョウウオ・ヤリカタギ・トゲチョウチョウウオ・アケボノチョウチョウウオといったチョウチョウウオの幼魚達が隠れんぼしていました。秋が深まるに連れて、まだまだ色んな魚の幼魚達が珊瑚畑に集まって来るので、探しにいくのが楽しみです。
 魚影の濃い『太根』に癒しの『白崎』と色んな表情の海を楽しめるのが田子の魅力ですね。

2013年9月11日(水)
海洋地:大瀬
水温:26℃
透明度:15m

 今日のオープンウォーター講習で潜った湾内の透明度は15m!水面から見下ろすと下までスカーンと抜けて気持ちが良かったです。ミニツアーでは、黄色と黒のボーダー模様のカゴカキダイやツノダシ等も見てきました。

2013年9月9日(月)
海洋地:田子
水温:22〜25℃
透明度:6〜15m

 今日はボートスペシャリティーとドリフトスペシャリティーの講習で田子へ行ってきました。
1本目は地形がダイナミックなフト根へ、エントリーするとすぐにイサキの大群に囲まれました。その群れをカンパチ、ワラサ(ブリ)が追い回していました。
 2本目は白崎へ、相変わらずソフトコーラルとミドリイシ(エダサンゴ)の群生は見事です。ミドリイシの隙間には今年初のアケボノチョウとトノサマダイの幼魚が隠れていました。他にもツノダシ、ハタタテダイ、ミツボシクロスズメダイなどが見れました。
 ランチの後は冷えたトコロテンを出していただき皆んな大満足でした。

2013年9月1日(日)
 
 『今からナイトダイビングへ行ってきます!!』

 9月になりましたね〜♪日中はまだまだ暑いですが、青々とした田んぼの上を赤とんぼが飛んでいて、Wちいさい秋みつけた!”って気分になります。
 
 海中でも、季節来遊魚の訪れでWちいさい秋”を感じられます。その代表的な魚がハタタテダイとツノダシ。両者(魚?)とも白・黒・黄色の配色で見た目が似ているのですが、コツを掴んで見分けがつくようになると、フィッシュウォッチングの楽しさがちょっぴりUP↑しますよ♪
 
 日中は、ツノダシの他に、クマドリカエルアンコウ・ハナタツ・ミジンベニハゼ等も観てきました。

2013年8月31日(土)
海洋地:大瀬
水温:24〜27℃
透明度:12〜15m

 
ビーチはまだまだ夏ムードですが、少し風が爽やかになって来た感じがします。
 今日はアドバンス講習で湾内を2本潜ってきました。
 大瀬湾内にも、
ツノダシがやって来ました♪さらに!カミソリウオ、アジアコショウダイの幼魚、ハタタテダイもいましたよ〜

2013年8月26日(月)
海洋地:海洋公園
水温:20〜24℃
透明度:10〜20m

 
季節来遊魚のツノダシが3匹登場!さらに!レア物のヌノサラシも発見♪1本目からテンションも上昇↑2本目では透明度が20m☆砂地には大きなカスザメがいたり、中層を1m程の大きなヒラマサが泳いでいき、ヨコシマクロダイなんてのもいました♪
 夏から秋に移り変わっていくこの時期の海は、南の島からやってくる魚たちを発見する面白さもありますね。
 

2013年8月24日(土)
海洋地:大瀬
水温:28℃
透明度:6〜8m

 湾内に
ハタタテダイがやって来ました!!秋が深まるに連れて数が増えていくので、今年はどれぐらいの数になるのか楽しみですね。残暑厳しいですが、海の中は着々と秋のベストシーズンに向かっていますね♪他には、高級魚のアカカマスが群れで泳いでいたり、角が生えた様な容貌のテングハギ、クネクネとユニークなダンスをしているアジアコショウダイの幼魚も南の海からやって来ていましたよ〜♪
 

ダイビング後のご飯はより一層美味しいですね!!
2013年8月13日(火)〜18日(日)
小笠原ツアー
 昨年に続き、今年もマッコウクジラが出ました!!しかも!7匹☆
 アフターダイブの移動中にイルカだけではなく、マッコウと一緒にスキンダイビングが出来るなんて、さすが小笠原!スケールが大きいです♪夏限定ポイントのケイタのイソマグロも100匹超の群れがグルグル回って迫力がありました。
 のんびり泳ぐツバメウオの群れ、両手にポンポンを持っているキンチャクガニ、カンパチの群れ、ウメイロモドキの群れ…ワイドにマクロととっても充実したダイビングでした。

300本&150本DIVEおめでとうございます!!

2013年8月11日(日)
海洋地:初島
水温:25〜27℃
透明度:10m

 水深10mから見上げると、なんと!!メジロの後ろ姿を発見! 初島ビーチで見られるなんて思いもしなかったので驚きでした。他にも浅瀬はキビナゴの群れ、タカベの群れ、イサキの群れで賑やかでした。岩場にはベニカエルアンコウ、キツネベラの幼魚、砂地ではアオリイカが産卵し、うまれて間もない赤ちゃん達も泳いでいました。

2013年8月10日(土)
海洋地:井田
水温:25〜27℃
透明度:15〜18m

 夏真っ盛りの井田ビーチは黒潮が入り透明度UPです。イサキの大群に巻かれ、潮と共にやってきたレア物のタキベラyg、イロカエルアンコウ、オオモンカエルアンコウと賑やかになってます。 



2013年8月4日(日)
海洋地:大瀬
水温:26℃
透明度:10m

 青空が広がり、太陽も燦燦♪夏日が続きますね〜。今日はオープンウォーター講習で湾内を2本潜って来ました。アオリイカのペアーが一生懸命産卵していたり、水面近くではソラスズメやスズメダイの群がいました。オキゴンベも踊ってくれましたよ♪ビーチは海水浴の方とダイバーで賑わい、水陸両方賑やかでしたよ。 


2013年8月3日(土)
海洋地:田子
水温:27℃
透明度:5〜10m

 1本目の瀬の浜ではトビエイが登場!ソラウミスズメも沢山群れて綺麗でした。
 2本目は太根へ。50cmほどの大きなコロダイ、コモンフグ、サクラダイの群れ、キンギョハナダイの群れ、カゴカキダイなどがいました。


2013年8月1日(木)
海洋地:雲見
水温:27℃
透明度:10〜12m

 今日はボートスペシャリティーで牛着岩を2本潜ってきました。5cm程の可愛いハナタツはお腹が膨らんでいました。タツの仲間はメスからオスが卵を受け取ってお腹のポケットの中で育てるんです。ポケットの中でかえった赤ちゃん達が順番に飛び出してくる瞬間…見てみたいですね。
 他には、ヒレが艶やかなハナミノカサゴや網タイツ模様のマツカサウオ、ルリハタ、サクラテンジクダイなどもいました。



2013年7月28日(日)
海洋地:神子元
水温:27℃
透明度:12m

 青い潮が入り、水温も27℃にUPした神子元!!
適度な流れの中泳いでいくとメジロが4匹現れ、さらに、ハンマー2匹を見られた方もいらっしゃいました!そして、2本目も4匹のメジロが登場しました。
 伊豆半島きっての大物ポイント、神子元。今後も期待大↑ですね。一方、季節来遊魚のツノダシも早々とやって来ていましたよ〜♪



2013年7月20日(土)
海洋地:黄金崎
水温:20〜22℃
透明度:5m

 気温も少し低く過ごし易い一日でしたね。
 今日は黄金崎ビーチで2本潜ってきました。

 *居た生物たち*
 イネゴチ・ヒラタエイ・アカカマス・オオモンカエルアンコウ(8cm)・ヤマドリ・トビエイ・ソラスズメダイ幼魚などなど。

 


ハナタツ
微妙に動くので撮り辛いんですよね。。。


2013年7月15日(月)
海洋地:大瀬&BBQ
水温:18.5〜20℃
透明度:12〜15m

 陸上で火照った身体を水中散歩でクールダウンさせながら、2cm程の小さくて可愛らしいクマドリカエルアンコウやアオリイカの産卵シーン、ミノカサゴの幼魚、ミジンベニハゼ等を見て来ました。
 アオリイカは半透明な体からしましま模様に体色を変化させて、自分の気持ちをアピールしていました。ミジンベニハゼは卵でお腹がパンパン!もうすぐ産卵ですね。
 2ダイブ後はビーチでBBQを楽しみました〜!!沢山のお肉にエビ、サザエ、トウモロコシ、おにぎりなど等、種類もいっぱいでテンション上々↑海を見ながら食べるご飯は格別ですね♪
 

クマドリカエルアンコウ
写真撮るのは一苦労

ミジンベニハゼ
『お母さん頑張れ〜!!』

“新しい門出”のお祝いもっ★
『また伊豆へ潜りに来て下さいね♪♪♪』


2013年7月13日(日)
海洋地:北川
水温:22〜23℃
透明度:10〜15m

 海洋状況により、雲見→北川へ変更となり、“カジカキ”というポイントを2本潜ってきました。
砂地の上ではヒラタエイやホウボウがまったり寝そべり、ウミウチワやホソヤギ等で出来たカラフルな“森”の中をキツネベラが散歩し、一方、ハナタツはひっそりとかくれんぼしていました。また、中層ではイサキやアジの大群が泳ぎ、なんだか賑やかでした。イソギンチャクの中にはクマノミやミツボシクロスズメダイ達が仲良く暮らし、岩陰ではマツカサウオのペアーややイセエビのペアーがいたりと、色々なものを見て来ました♪

 

ヒラタエイ

ムラサキウミコチョウが沢山…!!

キツネベラ

マツカサウオ


2013年7月7日(日)
海洋地:大瀬
水温:23℃
透明度:m

 “梅雨明け”しましたね〜!!昨日今日はアドバンス講習で大瀬で潜っています。湾内にはクエの赤ちゃんが登場!!元気にスクスク育って迫力あるサイズになって欲しいですね★★
 

『今からナイトダイビングに行って来ます♪』
エキジットした頃には織姫と彦星が出会えているかな??



2013年7月1日(月)
海洋地:大瀬
水温:21℃
透明度:10〜12m

 今日から7月がスタートしました。気分も『夏』に切り替わりますね〜♪
今日はドライスーツスペシャリティー講習で外海と湾内を潜ってきました。
 外海の『門下』では、赤・オレンジのハナタツが2匹、黄色い身体に網タイツ模様のカゴカキダイ、クマノミ等ガいました。
 

アフターダイブは“貝殻亭”でカサゴ定食を頂きました♪
小鉢が沢山あって嬉しいですね



2013年6月27日(木)
海洋地:大瀬
水温:21℃
透明度:8〜12m

 オープンウォーター講習で大瀬湾内へ。
 アオリイカの卵のハッチアウトが始まり、卵の中に残っている赤ちゃんたちも元気そうに外に出るタイミングを待っているようでした。シマアジの子供たちも黒潮にのってやってきていました。イトヒキベラはコバルトブルーの婚姻色を出してとっても綺麗でした。
 

大瀬ビーチの“海の家”
夏がやってきたぁ〜♪って感じですね

2013年6月15日(土)〜16日(日)
大島ツアー
 
露天風呂でゆっくりした後の晩御飯♪
揚げたての天ぷらなど美味しかったです!!

鮮やかな赤色が綺麗なイットウダイ
(ナイトダイビングにて)

夜の海はエビ・カニ祭りでした。
イセエビも沢山外に出ていました。

クダゴンベは1m以上あるソフトコーラル
の上で暮らしていました。


大きく立派なソフトコーラルの
他にテーブルサンゴもありました

イシガキフグが“にこにこ”と
見送ってくれました

2013年6月15日(土)
大島ツアー
水温21℃
透明度15m

 今回は伊東から出発していざ大島へ!!

 大島のビーチにはクマノミが沢山いるポイントがあり、大きさも3〜12cmと幅広く、小さくて可愛いのがいたり大きくて存在感たっぷりのがいたりと面白いです。コケギンポがいっぱい暮らしている岩ではあちこちでひょうきんな表情が顔を覗かせていました。
 全身硬い鱗で覆われているマツカサウオの幼魚は体色の黄色が濃く、レンテンヤッコは青・ピンク・ムラサキ・黄色の配色が綺麗でした。他にも、モンハナシャコやイサキの大群なども見て来ました。
 
 のんびり海の中を散策していると、水深18mまで海鵜がダイブしてくるというハプニング!?もありました。そんなに深く潜れるなんて驚きです。“オープンウォーターコース”認定ですね(笑)
 


2013年6月10日(月)
海洋地:北川
水温:21℃
透明度:8〜12m

 ドリフトスペシャリティー講習で北川へ。

 1本目は産卵期を迎えた見応えのある大きなアオリイカのペアーが20匹程目の前でヒラヒラと泳ぎ、カミナリベラはオスとメスがいっきに上に向かって泳いで産卵行動をとっていました。他にも、普段昼間は岩陰に隠れているイセエビが外に出ていたり、ベニカエルアンコウの姿もありました。

 2本目はなんといってもネコザメが印象的でしたが、他にも珍しいキツネベラ(しかも幼魚)や卵を抱えたお腹の大きなハナタツ、アカエイ、ヒラタエイなども見れました!
 

ダイビング後の食事も楽しみの一つですね♪

2013年6月9日(日)
海洋地:大瀬
水温:20℃
透明度:6m

 オープンウォーター講習で湾内を2本潜って来ました。
シタビラメの仲間のクロウシノシタ、コウベダルマガレイ、ヨメヒメジ、イシダイ、チョウチョウウオ等がいました。白く細長いアオリイカの卵も産み付けられていました。

2013年6月8日(土)
海洋地:大瀬
水温:20℃
透明度:6m

 湾内にはオオウミウマ・イバラタツなどの“竜の落し子”の仲間や、尾びれが長くゆらゆらと揺れて綺麗なハナハゼがいました。
 クロホシイシモチはオスが口の中いっぱいに卵を大事そうに含んで口内保育していました。アオリイカの産卵も始まり、魚影も濃くなり、湾内賑やかになってきていますよ♪

陸上も賑やかですよ♪

2013年6月2日(日)
海洋地:雲見
水温:20℃
透明度:7m

 ボートスペシャリティー講習とファンダイビングで牛着岩というポイントを潜って来ました。『うしつきいわ』や『ぎゅうちゃくいわ』などと呼ばれる島の上には牛の置物が奉られているそうです。
 
 一方、海の中には色んな洞窟があって地形が面白く、ポッカリ空いた竪穴の洞窟を下から見上げると海の青さが浮き出てとっても綺麗です。他にも様々なアーチやケーブがあり、様々な表情を見せてくれるポイントです。
 
 今日はキンメモドキの大群や70cm程の大きなマダイ、テングダイなどがいました。

お昼ごはんは『さくら』さんで。
アジのまご茶等美味しいお店です♪

2013年5月25日(土)
海洋地:初島
水温:18〜20°
透明度:10〜18m

 今日は初島へツアーに行ってきました!!視界も良好で、大きなエイも見ることが出来ました。
 ムラサキウミコチョウやサガミリュウグウウミウシなどの可愛い生き物からヒラメやヒョウモンダコのようなかっこいい生き物も沢山見ることが出来ました。
 そしてここには載せられなかったのですが、お客さんが水中で撮った動画をお店で見せてくださって、お店で待っていた私もダイビングをしたような気分になることができました。
 水中では普段見ることのできない生き物を見ることが出来、またその生き物たちが陸上の生き物とは違う姿をしているので、毎回どんな生き物に会えるか楽しみでしかたありません。

2013年5月16日(木)
OWプール講習
 今日はOWのプール講習2回目がありました。1回目の時よりお客様も落ち着いてできていたように思えます。海で楽しむために必要な技術、しっかり身につけて思いっきり海で楽しんでいただきたいと思います。
 6月8日(土)の大瀬マンボウ3ビのツアーのときにBBQをやりたいと思っています。よろしければ皆様のご参加お待ちしております♪

2013年5月2日(木)〜5日(日)
海洋地:八丈島ツアー2
 八丈島に行ったお客様からまた写真をいただきました!!この2枚の写真に写っているの色も違うし違う種類こと思ったら、同じ種類の「ヘラヤガラ」という魚だそうです。(アルビノ)突然変異によっ色が黄色くなってしまったようです。これは魚だけの話ではなく、生全体に起こりうるメラニンの遺伝子情報の欠損によって起こる症状だそうです。同じ魚で違う色の魚がいたらもしかしたらアルビノかもしれません。ツアーにいったとき魚1匹1匹をよく観察してみてください。もしかしたら見つかるかもしれませんよ(^^)♪

2013年5月2日(木)〜5日(日)
海洋地:八丈島ツアー
 八丈島ツアー皆さんとっても楽しそうでした♪すぐ目の前をカメが通った時に撮影したという写真の左下のカメとっても上手に撮れてますよね!!これ以外にもウミウシとか色んな写真をくださって、その中から厳選した写真を載せさせてもらいました(^^)/写真の他にもトサヤッコやサザナミヤッコなどもいたそうで、とても可愛かったそうです。
 そして海の近くならではのおいしそうな料理はお泊りのツアーのもう一つの楽しみでもありますよね!!なかなか会わない方たちとの出会いやお話、経験もまたダイビングならではの楽しみではないでしょうか。この先もいろんな人と一緒に海へ潜れることが楽しみです。皆さん一緒に潜りましょう!!

2013年5月5日(日)
海洋地:八丈島
 八丈の陸上での様子をお客様が送ってくださいました(^^)お泊まりのツアーってダイビング以外の時間に他のことも楽しめるからいいですよね☆景色もきれいですし、ファイヤーバンディツも楽しそうです♪

2013年5月3日(金)
海洋地:八丈島
 初日のダイビングは、八重根に行きました。入るとすぐにムロアジの群れ青海ガメ2匹、固有種のユウゼン、巨大アオリイカ10数ハイの産卵シーンも間近で見ることが出来ました。透明度は20m水温は21度です。