まな板に魚の柵を置き、柵の右から真直ぐに切ります。「平つくり」は「引きつくり」とも言います。  新鮮で脂のある魚は想像以上に固く身が締まってましている時につかいます。食感も楽しめます。
切りつけるとより食べやすく、醤油の付きもよくなり見た目に変化をもたらす。 
   
 「そぎ造り」は白身の身がかたい魚を刺身にするときに、この切り方をします。
花びらに見立てて盛りつける細工、刺身の盛り付けに変化をもたらす技。
 
 見た目に変化をもたらし、刺身の盛り付けに変化をもたらす技。
ご予約ページ
アクセス・会員登録
観光スポット
お風呂とお部屋
自己紹介
トップページ

宿ブログはこちら